keeblog

WEB屋の日記と備忘録。

IIJmioのサポートが最悪だったので即解約してイオンモバイルに乗り換えた

20160621

[昨年末からIIJmioを使っていた。通信速度はあまり出ていないものの、通信速度は必要なかったし、キャリア契約時の数分の一の月額はとても魅力だった。

通話の少ないキャリアの別回線もあり、丁度今月が更新タイミングだったのでコストダウンのため、追加でもう1回線IIJmioに移すことにした。ただ、その際のIIJmioの対応があまりにも酷かった。これ以上IIJmioで嫌な思いをする方が1人でも減れば幸いと思い、顛末を書いてみることにした。

契約手続きはイオン某店で

IIJmioはオンラインでの契約手続きができるようだが、今回は契約と支払いについて確認したいことがあったので店舗で行うことにした。

今回移す回線については支払いも既存回線と別にする必要があったため、そういう対応は可能か店舗で質問したところ、新規転入で契約すれば良いとの回答だったため、MNP転入の手続きを行った。

手続きから一時間で開通しSIMカードを受け取る際には店舗スタッフの方から手書きメモを渡された。

IIJmioのIDを2つ持つことになるので、このメモの電話番号(IIJmioサポート)に電話して『IDを統合したい』と伝えればマイページが1つになります。

とのこと。この時は統合したほうが便利そうなので、後で統合しよう程度に思っていた。

翌日、IIJmioから電話があった

IIJmio「先日ご契約頂いた回線ですが、別IDで新規登録の形になってしまいましたのでIDを統合させていただきます。」

ゆくゆくは店舗で言われたとおり統合を考えていたのでこちらから連絡する手間が省けたと思い、統合をお願いする旨を伝えたる。

IIJmio「統合にあたっては注意事項がございます。先日の回線は既存の回線と別の支払方法を指定いただいておりましたが、既存回線の請求にまとめさせていただきます。

今回は支払い方法をわける必要があったため、これは統合できないと思い、統合は不要と伝えるが...

IIJmio「こちらの仕組み上、統合は避けられない仕様となっております」

のようなことを言われる。もちろん、こちらとしては契約前に支払い方法は確認しているので納得はいかない。

  1. 支払い方法を分けたいことを契約前に窓口で相談したこと。
  2. 店舗で受け付けされているし、その内容が御社内で登録、開通している。ストップを促すタイミングはいくつかあったはずなのに何で翌日になって言ってくるの?
  3. 同意なしに勝手に別のカードで決済するのはおかしい。

ということを伝えてもIIJmio「仕組み上できません」の一点張り。

「本来できない内容で受け付けられたのは、そちらに非があると思う。今回の契約はキャンセルするのでかかった手数料は返金して欲しい」

と言ってみるもやはり却下。途中保留で数分待たされるも、社内で検討するフリの保留じゃないかと思ってしまうくらい電話の向こうの人の印象が悪かったので、途中つい自分もカッとなってしまったが、このまま長々と話すのも嫌だったのでとりあえず電話を切ることにした。

イオンさんにお願いしてみた

IIJmioとの電話を切り、契約時のやり取りから振り返ってみるもやはり納得出来ない。そこで受付してくれたイオンさんに相談してみることにした。受付してくれた人は休みでだったが、電話に出てくれた人はとても親身に話を聞いてくれ、店舗からIIJmioに連絡してくれるとの事だった。IIJmioとの交渉には数日かかったが、IIJmioの一方的な対応と対象的にイオンさんの対応は丁寧で電話を切る際にはしっかりと次回連絡の日時の約束をしてくれたのでとても安心できた。

はじめの連絡から1週間後、約束の時間通りにイオンのスタッフさんから電話があり、IIJmioとの交渉結果のの報告を聞いた。IIJmioはイオンさんに対しても相変わらずの対応で全く聞く耳を持ってくれなかったようだ。「当社(IIJmio)は悪く無い」というスタンスだったそうだ。詳細をここに書くことはことはできないが、イオンスタッフさんはとても良く対応してくれたおかげで結果としてはいい形に収めることができ、とても感謝。そんなこともあり今回auからMNP転入した番号はIIJMIOから解約してイオンモバイルに移すことにした。

ネットで検索するとIIJmioサポートの評判の悪さが目立った

今回のIIJmioの対応の悪さは偶然自分とイオンが問い合わせた担当が悪かったのかと思い、IIJmioのサポートについて検索してみた。自分もはじめに検索しておくべきだったと反省しているがIIJmioは悪評が多いく、自分と全く同じ状況の人が何人もいることが分かった。

MVNOはコストが安いから割りきって使うものかもしれない。ただ、今回乗り換え先としたイオンモバイルはIIJmioよりも低コストだし、事前にサポートダイヤルを使ったが丁寧に対応してくれた。

IIJmioからのMNP転出にも注意が必要?

色々なブログを見ていると、

  • 毎月5日までにMNP予約番号を発行しないと無駄にお金を払うことになってしまう
  • IIJmioMNP転出まで15日かかる

といった記事が幾つか見つかった。

2016年6月20日にMNP転出を行ったところ、その日の夜の内にIIJmioからMNP転出完了のメールが届き、課金停止日は6月30日と記載されていたので、この点に関しては改善されているようだ。ただ、解約月の利用料は日割りにならないようなのでタイミングは月末のほうがよいかもしれない。

IIJmioの契約を考えている方へ

そんなわけで自分と家族名義含めIIJmioは複数回線残っているが、残りの回線もこれから順次解約していくことを決めた。IIJmioは以下の様な制約もあり、とことん融通の利かないサービスだと思う。

  • 同一人物の契約では複数回線の支払い方法を別にすることができない(前述のとおり)
  • 契約後の名義変更ができない
  • サポートダイヤルがつながりにくい、しかもフリーダイヤルではないため、待っている間の通話料もとられる
  • 複数の契約をファミリーシェアプランに変更できない(これは他社もできないとことが多いが)
  • MNP予約番号の発行に4日かかる(MVNOはキャリアと違い即日発行できないところが多い)
  • MNP予約番号を発行した時点で他社に移さなくても違約金などの請求が確定する
  • 解約後はSIMカードを返送しなければならない。送料は契約者負担。

これからIIJmioの契約をお考えの方は必ず不明点などを実際にサポートダイヤルで確認することを強くおすすめする。

この状況が改善される日は果たして来るのだろうか。