keeblog

WEB屋の日記と備忘録。

Macbook Air用の外付けキーボードは何がいいかな?

メインで使用しているマシンはMacbook Airだが、自宅で使用する時は外部ディスプレイ&キーボードに接続するスタイルで使っている。ここ数年使ってきたキーボードは多分こんな感じ。

  1. HHKB Lite2
  2. Majestouch(詳しい型式分からないけどテンキーレスのやつ)
  3. HHKB Proffesional 2
  4. Apple Wireless Keybord

元々コードを書く事が多いのでその時々で使いやすそうなものを選んできたつもりだったが、Thunderbolt Displayを購入したタイミングでApple Wireless KeyboardとMagic Mouseの環境に変更した。パンタグラフはあまり好きではなかったが、その時期はコードを書くことも減っていたし、りんごマークで統一した環境にしたい気分だった。Mac使いの方ならこんな経験もあるはず...。

Wireless Keyboardは2年以上使ってきたが、最近コードを書くことが増えてきたので新しいキーボードを探すことにした。

何を買おうか?

キーボードに求める条件は以下の3つだった。

これら条件で探し、以下3モデルに絞った。

PFU Happy Hacking Keyboard Professional2 Type-S

HHKB Professional Type-S

使用経験もあり安心できるHHKBが第一候補。一部の人はカーソルキーがない問題を指摘するが、過去使用の際に克服できたので、今回もおそらく問題ないはず。過去にHHKBを使っていた時はまだ販売されていなかったType-Sモデルが良さそうだと感じた。ただこのモデルは直販のみで量販店で試すことができない。後述のモデルに比べ一番高価(29,800円)なので試し打ちができないのは痛いところ。また、できれば色は黒が良いのでその点も購入に踏み切れない要素だ。

東プレ REALFORCE87UB

やはり定番なのでこれは候補から外せない。REALFORCEはモデルが多く型式がいまいちわかりにくいなぁ...このモデルは+2,000円程で静音モデルも選べるようだ。

LEOPOLD FC660C

これは知らなかった。 REALFORCEよりもコンパクトでサイズはHHKBに近く、矢印キーもあるので矢印キーを理由にHHKBを敬遠していた人も導入しやすそう。HHKBと同じく東プレのOEMということで打鍵感もきっと良いはず。価格は前述のHHKBとREALFORCEの中間。

キーボードはそのPCの使い心地や仕事効率に大きく関わる大切なデバイスだ。よく吟味して選ばなければと思う(続く)。